« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

好きなこと・・・ぴあののれんしゅう

毎週元気に通ってきてくれるNちゃんvirgo

まだピアノを始めて1年にならないけれど、知っている曲、大好きな曲を

「これ弾けるよ!」と弾いて聴かせてくれます。

私もそれに伴奏を付けながら楽しく一緒に歌いますnotes

全身から「たのしい~!」という気持ちがあふれていて、見ているこちらもうれしくなってくるnote



わたしの教室に貼ってある、生徒みんなの自己紹介カードpencil
Nちゃんの「好きなこと」を書く欄には

「ぴあののれんしゅう」

と書いてあります。 

これを見た時には、思わずうれしくて涙が出そうだったけれど、それと同時に

この気持ちを忘れないでいてくれるようにレッスンをしなければならない!と身が引き締まる思いがしました。

おととい聴講した脳科学者・澤口俊之先生の講演会での

「(ピアノを弾くことを)嫌々やっていてはだめですね」という言葉が浮かびます。

ピアノ=頭をよくする、が第一の目標ではなく、私はピアノが、音楽が楽しいと思ってもらうためにレッスンをしている

ピアノを弾く楽しさ、演奏する喜び、アンサンブルも楽しいよ! 他の楽器だってどんどん楽しめちゃう♪

伝えたいことはたくさんあります。

↓小鳥バナーにしてみました♪応援よろしくです(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年5月30日 (月)

「ピアノが脳にいい理由」・・・脳科学者・澤口俊之

Sawaguchikao1_2

きのうは、脳科学者・澤口俊之さんの講演会に行ってきました。

会場の駅についた時点で、たくさんの人が歩いて行く様子にびっくり!

雨だから・・・と思ってバスに乗ったら、これまた大混雑でぎゅうぎゅうに揉まれながら会場まで運ばれていきました(^^;)

「脳科学者・澤口俊之」といえば最近TV番組やメディアの出演も多く、「子供の習い事はピアノが一番いい」と提唱しているので、私たちピアノ講師にとっては「もっと言って!」的な存在?

私はあまりTVを見ないので澤口俊之先生の存在はよく知らなかったのですが、そういう話を聞いてとりあえず著作を何冊か読んでみました。

でもやっぱり実際に話を聞くに越したことはない!と今回は期待度MAX!shine




タイトルは「子供の脳をいかに育むか~ピアノが脳に良い理由とは~」

これだけでも「なになに?」って興味をひきますよね~


TVで見る通りの姿の(あたりまえ)澤口先生が、ちょっと早口で聴きとりにくいところもあったけれど、1時間半の間にスクリーン画面をどんどん変えながらの止まるところをしらないお話・・・・

いや~、ノートをとるのも大変でした!

自分なりにまとめてみると・・・・

人は「HQ(人間性知能)」を高めることで・・・

①gF(一般知能)・・・これが高いと、学業・仕事・社会生活において成功する率が高くなる

②未来志向的行動力・・・将来を見越して、夢を実現しようとする力

③問題解決能力

④器用さ・運動能力

⑤語彙と言語能力・・・

以上が向上する、そうです。

この「HQ」を高めるためには5~8歳ぐらいの頃に「HQ向上法」を行うと効果的らしいのですが、この「向上法」と同じぐらいに効果があるのが、「ピアノのおけいこ」なんだそうです。

他の習い事(塾、習字、スポーツなど)の中でも「ピアノ」、余暇の過ごし方(スポーツ、勉強、将棋や囲碁など)のなかでも「ピアノ」が、一番効果がある、という結果がでる。

しかも、「ピアノのおけいこ」は脳の構造を発達させる効果まであるそうです。

①前頭連合野が構造的に発達・・・HQの長期的発達につながる

②脳りょうが   〃      ・・・左右の脳のバランスがよくなる

③小脳が     〃      ・・・運動機能や知的機能がよくなる

④海馬が     〃      ・・・記憶力がアップ→学力向上につながる

これらを、グラフなどのデータ、レントゲン写真で実際に構造が変化している様子、などをスクリーンに映しだしながら説明されました。

このように聴くと「ピアノってすごい!」という気持ちになり、そこら辺の人をつかまえて話したくなりますねcoldsweats01

5~8歳の頃が一番効果的、と言っても、20才頃までも十分効果があるし、もちろん高齢になっても子供の頃ほどではなくても効果が出るそうです。

なので、高齢になってのピアノレッスンも効果があるということになります。

おまけのマメ知識?の話などもあり、最後には「質疑応答」の時間・・・

私の後ろのほうで、女子高生が質問をしたのですがその内容が・・・

「私はピアノを嫌々やっているのですが、それでも効果はあるのでしょうか」

会場はどっとわきましたが、これには「はっ!」というか、「ドキッ!」とさせられましたsweat02

これは、ピアノを習う上で自分自身が一番大事にしなくてはいけない、と考えている事・・・・

楽しくなくては練習もしないし、続かない・・・ 音楽が楽しめるわけがない!

ドキドキの回答ですが、「楽しくなきゃだめですね」とまずはあっさりsweat01

ドーパミンが出た状態でないと効果が望めないので、嫌々では効果が出にくいらしい・・・・でも、「嫌でも訓練と思って取り組む」「嫌でもやってやる!」という姿勢があるといいそうです。 要は、前向きに取り組むといいということかなthink

ただ単純に「ピアノのレッスンって脳にいいですよ~」と言うだけではだめなんだと、よ~く、よ~~~く肝に銘じておきたいと思いますconfident

これらの研究はまだ始まったばかりだし、ピアノが「HQ」を高めるのか、「HQ」が高いからピアノが弾けるのか、という点でもはっきりした検証結果があるわけではないそうです。

でも、ピアノ講師としては知っておいて損はない知識だと思いました。

他に個人的に興味を覚えたのは、「HQを高める事で発達障害を改善できる」という話でした。

この分野は自分は全くの勉強不足なので、これから学ぶなかで参考にしたいと思います。

ところで、「HQ向上法」ってどんなの?と思いますよね。 これには一切触れられませんでした。  著書の紹介もあったから、買って読んでごらんっていうこと~?coldsweats01

なんだかかたそ~な内容のブログになりましたが、実際には澤口先生のあの「人柄」で、笑いと独特のテンポの楽しい講演会でしたhappy02

今回この講演会は講師仲間の先生が教えて下さったのですが、本当にありがとうございましたsign01

大混雑だったのに、席を確保してくださっていた先生方にも同じく大感謝ですsign01

今回の講演を聞いて思い出したことがありました。 

以前受講した岩瀬洋子先生のセミナーで、「ピアノの先生は、ピアノを続けてきたというだけで「生きる力」を持っている。たとえピアノ講師という職につかなかったとしても、絶対に何をしてでも生き抜く力がある。ピアノを続けてきたというのは、そういうことなんです。」と先生がおっしゃったことです。

あらためて、胸にひびきました・・・

↓なるほどね~と思って下さった方、一押しお願いします(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年5月23日 (月)

ピアノリサイタル

昨夜は、ワルシャワ生まれのピアニスト「ピョートル・アンデルシェフスキ」のピアノリサイタルに行ってきましたnotes

午前と打って変わり冷たい雨の中だったにもかかわらず、入り口には開場を待つお客さんたちがあふれていました。

曲目はバッハのイギリス組曲第5番、フランス組曲第6番、休憩のあとイギリス組曲第6番、という内容です。

演目としては少なめでしたが、その音はクリアではっきりした、知性を感じさせる演奏でした。

一方、フランス組曲は軽やかな、ご本人も「ノッて」いるような音でしたよ♪

パンフのプロフィール写真を見てもなかなかの「イケメン」だな~と思っていたら、やはりその人気もあるのでしょうか?

CDは完売、演奏終了後はロビーでのサイン会に長蛇の列!  でも並ぶ面々は老若男女を問わず、という感じでしたねhappy01

上から眺めていたのですが(←えらそうだ!)、いかにも物腰柔らかくソフトな感じで、ピアノの音とはイメージが違うかな~と思いながら帰ってきました。

ここ数日は慌ただしい日が続いていたのですが、このコンサートで一気にリセット、元気が出ましたshine

やっぱり演奏会はいいですね~♪

ちなみに近くのコンサートホールなのですが、家を出て、アンコールまで聴いて、帰ってくるまで3時間ほどsign01

近いっていいですね!(笑)

↓今日も応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年5月19日 (木)

岩瀬洋子先生のセミナー

3月のプレ講座から約2か月、今日からKAWAI表参道店で岩瀬洋子先生の「導入指導マスター講座 シリーズ第1弾“リズム編”」が始まりましたshine

テキストは「オリズムピック」のAとB、これをレッスンでうまく活用する方法、と言ったいわば「取り扱い説明書」的な内容でした。


一言でいえば、「受けてよかった!」です。


このテキストは私もレッスンで使ったことがあり、自分では100%使い切ったつもりだったけれど、「ああすればもっとよかったんだ!」みたいな発見がいろいろありました。

やはり、実際にピアノやCDを使って「実演」していただくと全然理解度が違います。

「先生は喜劇役者になるつもりで」とおっしゃられましたが(「女優になれとまでは言わないわよ~」とのプラス一言がおかしかった!)、あの生き生きとした身ぶり手ぶりのセミナーは本当に見ていて楽しい!


今日の講座で「即使ってみよう!」と思ったのは、二分音符の「ソーラン節」、二分休符の「ムニャ・ムニャ」、そして付点四分音符の教えかた、です。

そして、そのチャンスは早くも今日おとずれましたsign01

夕方のレッスンでやってきたMちゃん、ちょうど「付点四分音符」の練習曲が課題だったんです。

弾いてもらうと、なんとなく「付点」のリズムが甘いし、そのため「拍感」もあやしくなっている。

「Mちゃん、今日先生ね、勉強会に行ってちょうど「付点四分音符」のいい練習方法を習ってきたの。一緒にやってみよう!」

と言って、早速「ジューゥス!」をジェスチャー付きでやってみせると・・・

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あのね、ちょっと大げさにやるのがコツなんだよ。思い切りここでジュースをストローからぐっと飲むの。  “ジューゥス!”って、ね!」

・・・・・・・とりあえず、ためらいつつも真似して何度かやってくれたので、一緒に繰り返してみました。 それはもう、私が!楽しそうに(笑)

そして結果・・・・・うまく弾けたんです! ちゃんと、2拍目の頭を感じ取った付点のリズムでした。2拍目を感じるから、その後の拍もきちんと刻めていました。

実は今まで、「ジューゥス」の数え方は使っていたのですが、どうも「2拍目の頭」を感じとることがむずかしいみたいで、私が拍を叩いたり、メトロノームを使ってみたりとあれこれやってみて、とりあえず出来るんだけど翌週はやっぱりなんだか甘くなっているので何度も繰り返して・・・・と練習していました。

でも、生徒が自分でこの小さな「ゥ」、つまり2拍目の頭にアクションをつけることで、しっかりと拍が意識ができるんですね。


これって書いてあるのを読んでいてもなんのことだかよくわかんないですよねsweat01

でもでも、これはいい!と思った感動をわかっていただけたらうれしいですhappy02

ちなみに私は「ソーラン節」も踊りたい! 「ムニャ・ムニャ」も教えたい!

・・・あぁ、ますます何言ってるかわからない状態sweat02





今日は、講座終了後はセミナー参加者でランチ会がありました。

岩瀬先生はいつも「輪になって座りましょう」とおっしゃって、常に受講者全員とコミュニケーションをとる姿勢でお話して下さいます。

ランチ会も輪になっての歓談で、やはり他の先生方のお話がいろいろ聞けると勉強になりますね。 

岩瀬先生が「自分が楽しんでレッスンをしなければ、子供が楽しいわけはないのよ」と話されていましたが、本当にそうだと思います。

何があっても、レッスンの時は生徒としっかり向き合って、「楽しかった!」と思って帰っていけるようにしなければとあらためて心に刻みました。

次回からもランチ会があるので、楽しみですnote

ちなみに、岩瀬先生は4月のリーラムジカ・セミナーのゲスト講師の田村智子先生と「Music Key」ピアノ教室を主宰されていますが、本当にお二人ともよく似ていらっしゃるんですね。 田村先生と同様、パワーあふれる楽しい話術であっという間の2時間でした。

導入期の指導方法は、自分がどれだけ引き出しを持っているかが勝負?だと思います。 生徒一人一人に、どうやって教えればわかるだろうかと、レッスンの度にありとあらゆる方法を引っ張り出して、毎回考えながら教えています。

どれだけ勉強しても、導入期の指導方法はいつも「もっと勉強しなくては!」と感じますね。

次回は6月です。 今から期待でわくわくしていますheart02




↓ポチッと・・・励みになります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年5月 9日 (月)

先生のつよ~い味方

・・・・・といったら、レッスンには欠かせない

「フリクションボールペン」     ・・・・ですね!


使っている先生がぜったいに多いはず!  なぜなら、ヤマハ池袋ののレジカウンターに「消しかすが出なくてGood!」って感じに並んでるから(笑)。


でもそこにあるのは最初に出た「フリクションボール」シリーズです。 これってキャップ式なので、書くたびに開けるのが結構手間。なので、私が愛用しているのは↓これ!

2011_17320115

「フリクションノック」シリーズです。 これは片手でノックすればすぐ書けるのでとっても使いやすい♪ 

ちなみに左の3本は「サインペン」のタイプです(これはキャップですね)。

これ以外にも「いろえんぴつ」に「ラインマーカー」もあります。   

すごいぞ、パイロット!!!

これさえあれば、書き損じてもこわくない!


  

「先生、(字がきたなくて)よめない」(!)と言われてもすぐ消せる

調律の時に、「先生、消しゴムのカスが・・・・」(しまった!掃除しておくの忘れた!)と言われる心配もない

「来週お休みだからやっぱりもう1曲増やそうか~」

「だってもう、しるしつけちゃったじゃん」

「大丈夫消せるから~♪」

「・・・・(ぉおおぉっっっ!!??)・・・・・」





それに一番便利なのは、楽譜にチェックを入れる時

どうしてもなぜか間違っちゃう音、忘れちゃう休符、調号のついた音、はたまたスラーにスタッカート・・・・(多すぎない?)

私がいくら丸やチェックを入れても、目に入らないのかやっぱり間違ったりする

そういう時は、「自分で気が付けるようにしるしをつけてごらん」、とこのフリクションペンで書かせます  

そうすると、♯や♭がハートや星や、なぜかミッキーの顔型に囲まれます

音符が消えちゃうでしょう!という書き方は消して書きなおさせるし、間違わなくなれば後ですぐ消せる

何よりやっぱり鉛筆よりは断然目立つ!  そして、自分で書けばほぼミスはなくなります





ちなみに、私も「タイ」の時には好んで描く絵があります

それは、魚の「タイ」   並んだ2つの音を、ちょうど魚のおなかに入っているように書くんですね~(by 一音会)  

「ね、魚のタイのおなかで一つの音になっちゃうの  だからこれは2拍分伸ばすんだよ云々・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・まあ、先生絵は得意じゃないからタイに見えないかもしれないけど」

「・・・・・・・・・うん、見えない」(が~ん!)



「これってマンボウみたいだよ」「丸々しすぎ!」とか異論は多々あるけれど、それでも

「先生の「タイ」の絵、書いて♪」と言ってくれる子もいます(ありがと~)



まあ、下手ならそれなりに印象に残るからいいとしよう(実際、間違えなくなるよ!)




全然関係ないけれど、昔、親が結婚式の引き出物によく「タイの塩焼き」を持って帰りませんでしたか? 

今でも地域によってはあるのでしょうか???

↓今日もよろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年5月 8日 (日)

ピアノをやめたい

・・・・・って、子供の頃に思ったことはありませんか?

私はあります。

時期は小学校2年生のとき    あまりよく覚えてはいないけど、母の話では突然

「明日からピアノいかない!」と宣言して、何を聞いても理由をきかず、頑として「いかない」と言い続けたらしい

ただ、理由はなんとなく覚えているのです   多分、友達と遊びたかったから

当時ピアノのおけいこが流行りだったとはいえ、近所では私ぐらいしか習っていませんでした  しかも、少し遠くまでレッスンのためにバスに乗って行かなくてはいけなかったし、行くと数名の生徒が待っていて順番でレッスンを受けるのでいつ終わるかわかりません

つまり、ピアノのある日は絶対に友達と遊べなかった・・・!

下校後の約束を交わすみんなの中で、その輪に入れないのがさびしかった覚えがあります

別に仲間はずれにされていたのではないのだけれど、自分だけがその日は遊べないのがつまらなかったのだと思います  その日は下校が早く、仲良し全員で長~く遊べる日だったんですよね

・・・・・で、「やめる」宣言だったのではないかな~

    

そこで母は、ピアノの先生に「しばらくお休みしますがまた始めると思いますのでよろしくお願いします」と頼んで、休んでいる間お月謝を払い続けたそうです

その後は、かれこれ3か月近くたった頃、「やっぱりピアノに行くから」と何事もなかったようにレッスンを再開して、母も胸をなでおろしました

久しぶりに行くレッスンで、なんとなく気恥ずかしく先生に会うのもどきどき・・・・・

なんてことは一切なく! 再開した時のことなんてな~んにも覚えていない!(笑)

ピアノがきらいでやめたわけではなかったのです   でも、やめたいぐらいにその頃は友達と遊びたかったのだと思います

当時は、そんな事を理由にレッスン曜日を変えてもらう、なんて恐れ多くて先生に申し出ることもできない時代でしたし

今でも母は「あの時は怒ったり無理やり連れて行ったりしないで、先生に頭下げてお月謝を払い続けたのよ~」と言います

あまりにしつこく言うので、その間のお月謝返すから!と言いたくなるぐらい(笑)

でもね、あっさりやめさせないでくれてありがとう   

ちゃんと先生に理由を話して待ってくれてありがとう  

私がピアノがだいすきだって言って始めたから、簡単にやめるはずがないって信じてくれ
てありがとう

今日は、「母の日」です


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年5月 7日 (土)

周辺の野鳥たち

春からは野鳥のさえずりが多く聞こえてきますが、今年はウグイスの声をあまり聞かなかったような気がします  

3月の震災でそれどころではなかったのか・・・・  近くの竹林にはウグイスのお宿があるようで毎年大合唱なのですが、いつもより静かだったようです

この時期は朝早くから、アオゲラの元気な甲高い声が響いています 

うちの回りでは大きな木がずいぶん切られてしまって、野鳥の止まる気が減ってしまいました 

うちの近くに残った大きな木では、毎朝そこでアオゲラが鳴いています

Photo

アオゲラってこんな鳥ですよ  きれいでしょう  以前うちの紅葉の木にとまっていて、近くからじっくりと見る事ができてうれしかった♪

Kogera

ちなみにこれはコゲラです  玄関を出たら目の前の木に止まっていて、思わず固まったことがあります(笑)

どちらも「きつつき」の仲間なので、ドラミング(木をつつく事です)の音もよく聞こえます

すばらしいスティックさばき!って感じの音です

2011_16320115 2011_16520115_3

2011_16720115_2

庭ではモッコウバラが満開   藤は盛りが過ぎて葉っぱが茂り過ぎちゃった・・・

最後の牡丹 これでおしまい、次は芍薬が咲くでしょう

 

2011_168201152011_16920115_2

今はツツジが盛りの時期です  庭には木が多いので野鳥がよくやってきます

生徒に鳥が大好きな子がいるから、楽しんでくれているようです♪

私もたまにパンくずをまいたりミカンを置いたりして、呼び寄せてます(笑)

 

↓今日も午後からレッスンがんばります!応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ