« パーフェクトセミナー・バスティン「スケール・カデンツ・アルペジオ」 | トップページ | 好きなこと・・・ぴあののれんしゅう »

2011年5月30日 (月)

「ピアノが脳にいい理由」・・・脳科学者・澤口俊之

Sawaguchikao1_2

きのうは、脳科学者・澤口俊之さんの講演会に行ってきました。

会場の駅についた時点で、たくさんの人が歩いて行く様子にびっくり!

雨だから・・・と思ってバスに乗ったら、これまた大混雑でぎゅうぎゅうに揉まれながら会場まで運ばれていきました(^^;)

「脳科学者・澤口俊之」といえば最近TV番組やメディアの出演も多く、「子供の習い事はピアノが一番いい」と提唱しているので、私たちピアノ講師にとっては「もっと言って!」的な存在?

私はあまりTVを見ないので澤口俊之先生の存在はよく知らなかったのですが、そういう話を聞いてとりあえず著作を何冊か読んでみました。

でもやっぱり実際に話を聞くに越したことはない!と今回は期待度MAX!shine




タイトルは「子供の脳をいかに育むか~ピアノが脳に良い理由とは~」

これだけでも「なになに?」って興味をひきますよね~


TVで見る通りの姿の(あたりまえ)澤口先生が、ちょっと早口で聴きとりにくいところもあったけれど、1時間半の間にスクリーン画面をどんどん変えながらの止まるところをしらないお話・・・・

いや~、ノートをとるのも大変でした!

自分なりにまとめてみると・・・・

人は「HQ(人間性知能)」を高めることで・・・

①gF(一般知能)・・・これが高いと、学業・仕事・社会生活において成功する率が高くなる

②未来志向的行動力・・・将来を見越して、夢を実現しようとする力

③問題解決能力

④器用さ・運動能力

⑤語彙と言語能力・・・

以上が向上する、そうです。

この「HQ」を高めるためには5~8歳ぐらいの頃に「HQ向上法」を行うと効果的らしいのですが、この「向上法」と同じぐらいに効果があるのが、「ピアノのおけいこ」なんだそうです。

他の習い事(塾、習字、スポーツなど)の中でも「ピアノ」、余暇の過ごし方(スポーツ、勉強、将棋や囲碁など)のなかでも「ピアノ」が、一番効果がある、という結果がでる。

しかも、「ピアノのおけいこ」は脳の構造を発達させる効果まであるそうです。

①前頭連合野が構造的に発達・・・HQの長期的発達につながる

②脳りょうが   〃      ・・・左右の脳のバランスがよくなる

③小脳が     〃      ・・・運動機能や知的機能がよくなる

④海馬が     〃      ・・・記憶力がアップ→学力向上につながる

これらを、グラフなどのデータ、レントゲン写真で実際に構造が変化している様子、などをスクリーンに映しだしながら説明されました。

このように聴くと「ピアノってすごい!」という気持ちになり、そこら辺の人をつかまえて話したくなりますねcoldsweats01

5~8歳の頃が一番効果的、と言っても、20才頃までも十分効果があるし、もちろん高齢になっても子供の頃ほどではなくても効果が出るそうです。

なので、高齢になってのピアノレッスンも効果があるということになります。

おまけのマメ知識?の話などもあり、最後には「質疑応答」の時間・・・

私の後ろのほうで、女子高生が質問をしたのですがその内容が・・・

「私はピアノを嫌々やっているのですが、それでも効果はあるのでしょうか」

会場はどっとわきましたが、これには「はっ!」というか、「ドキッ!」とさせられましたsweat02

これは、ピアノを習う上で自分自身が一番大事にしなくてはいけない、と考えている事・・・・

楽しくなくては練習もしないし、続かない・・・ 音楽が楽しめるわけがない!

ドキドキの回答ですが、「楽しくなきゃだめですね」とまずはあっさりsweat01

ドーパミンが出た状態でないと効果が望めないので、嫌々では効果が出にくいらしい・・・・でも、「嫌でも訓練と思って取り組む」「嫌でもやってやる!」という姿勢があるといいそうです。 要は、前向きに取り組むといいということかなthink

ただ単純に「ピアノのレッスンって脳にいいですよ~」と言うだけではだめなんだと、よ~く、よ~~~く肝に銘じておきたいと思いますconfident

これらの研究はまだ始まったばかりだし、ピアノが「HQ」を高めるのか、「HQ」が高いからピアノが弾けるのか、という点でもはっきりした検証結果があるわけではないそうです。

でも、ピアノ講師としては知っておいて損はない知識だと思いました。

他に個人的に興味を覚えたのは、「HQを高める事で発達障害を改善できる」という話でした。

この分野は自分は全くの勉強不足なので、これから学ぶなかで参考にしたいと思います。

ところで、「HQ向上法」ってどんなの?と思いますよね。 これには一切触れられませんでした。  著書の紹介もあったから、買って読んでごらんっていうこと~?coldsweats01

なんだかかたそ~な内容のブログになりましたが、実際には澤口先生のあの「人柄」で、笑いと独特のテンポの楽しい講演会でしたhappy02

今回この講演会は講師仲間の先生が教えて下さったのですが、本当にありがとうございましたsign01

大混雑だったのに、席を確保してくださっていた先生方にも同じく大感謝ですsign01

今回の講演を聞いて思い出したことがありました。 

以前受講した岩瀬洋子先生のセミナーで、「ピアノの先生は、ピアノを続けてきたというだけで「生きる力」を持っている。たとえピアノ講師という職につかなかったとしても、絶対に何をしてでも生き抜く力がある。ピアノを続けてきたというのは、そういうことなんです。」と先生がおっしゃったことです。

あらためて、胸にひびきました・・・

↓なるほどね~と思って下さった方、一押しお願いします(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

« パーフェクトセミナー・バスティン「スケール・カデンツ・アルペジオ」 | トップページ | 好きなこと・・・ぴあののれんしゅう »

セミナー・講座」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!snoopyと申します。

MKの掲示板にも書き込みさせて頂きましたが、
私もこの講演会行ってきました。
とってもよかったですよね!

すてきなブログですね!
これからもまたおじゃまさせて下さい。

snoopyさん、初コメントありがとうございます♪
MKのほうでもお世話になってます(笑)  講演会、よかったですよね~
いろいろと気付かされることもあったし(^^;)
こんなブログでよかったら、いつでもご覧にいらしてくださいね♪
またセミナーでお会いしましょう(^▽^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469421/40192111

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピアノが脳にいい理由」・・・脳科学者・澤口俊之:

« パーフェクトセミナー・バスティン「スケール・カデンツ・アルペジオ」 | トップページ | 好きなこと・・・ぴあののれんしゅう »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ