« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月16日 (土)

ピアノレッスンでの男女差

ピアノを習っているお子さんは、男女比でいえばほとんどの教室で女の子が多いのではないかと思います。

私の教室でも大体男の子は全体数の2~3割ぐらいです。

 

でも数は少ないけど、存在感は大きいgood

なんたって元気だし、騒ぐし単純だしかわいいですup 多少のことではへこたれないし、間違おうが練習してなかろうがへっちゃらsign01

一生懸命間違えたわけや、練習出来なかった理由を訴えるのもこれまたおもしろくてかわいいhappy01

ぎりぎりまで遊んで、疲れてよれよれで来たりするcoldsweats01

 

これって一応ほめているのですconfident  うちにも姉弟がいるので娘と違う「男の子のかわいさ」というのがわかります。 正直、息子のほうが扱いやすいかも。

 

そんなかわいいボーイズ達ですが、レッスンを続けるという意味では女の子より難しい気がします。

特に危ない時期はいわゆる「ギャングエイジ」にあたる3~4年生あたりからでしょうか。

 

友だちとの外遊びsunや、スポーツ系の習い事soccerにはまりだすとピアノを弾く余裕がなくなってくるように感じます。

気持ちもそうだけど、時間的にもthink

女の子は複数の習い事をこなし、しっかり友だちとも遊び・・・と要は器用なのかな。

男の子は「これ一筋、まっしぐらsign03」となりやすいので、悪気なくほんとにピアノの存在を忘れたりしているcoldsweats02

 

そうなってくるとこちらもいかに続けさせるかを工夫しなくてはいけなくなってきます。

他の事をやって、かつピアノにも興味を向けさせる・・・

ちなみにピアノが好きなら全く問題はないですね。ちゃんと両立ができます。

 

でも微妙な場合は、好きなだけ遊んでから来れるようにレッスン時間を遅くしたり、興味をひきそうな曲を与えるとかその子の様子をみながら考えます。 ささいな事ですが、結構これで続けていけるようになるようです。

ただ、唯一勝ち目がないかも、と思うのは・・・・ゲームです。

以前寝食を忘れるほどゲームにはまった子がいたのですが、結局続きませんでした。そりゃあね、家にいて目の前にゲームとピアノの練習が並んでいたら、どちらを取るかといえば・・・weep

 

自分の力不足だとは思いますが、生活リズムも乱れ、宿題もままならない状況に親御さんのほうが参っていらしたのが気の毒に思いました。

ゲーム機を壁にぶつけて壊しちゃったらいいのでは、と思ったけど過激でしょうか?私ならやっちゃいそうですがcoldsweats01

 

ところでうちの息子は小学校入学頃から将棋にはまり、途中からは野球に夢中になりました、が、今でもピアノは好きで弾き続けています。

なぜ続いたのかあらためて考えてみると・・・・習ってないから?(爆)

導入時だけは私が教えたけれど、あとは「習うのはいやだ」と言ってずっと私や娘の音を聴きながら自己流で弾いてきました。

クラシックはあまり好きではないということで、J-POP専門で勝手にアレンジしながらレパートリーを増やしつつほぼ毎日弾いているnotes

 他に夢中になっている事があればその間は全く弾かないし、気が向けば好きに弾いて自由にやっている。

 

・・・・って待てよ、それじゃ習わなくていいという事になっちゃう! この立場でそれは言えない言えないcoldsweats02

 

そうですね、息子が続けていられるのはやはり読譜が出来ているところが大きいと思います。

自分で楽譜を見てざっと弾いて、それから好きなように(というか、自分のレベルに合わせて弾きやすいように)変えているのです。

きっとこれは私が導入時だけはしっかり教えたのがよかったに違いない・・・・ということにしておこう、そうしようcatface

イケてなくても、丸坊主でも、小汚い中学生であってもピアノが弾けちゃったりするとその意外性で人気度アップだよ!と私や娘に言われ続けてきた息子。

実際に学校では音楽室や、先生にリクエストされて弾いたりしているらしく、他のママ友に「○○君、みんなに囲まれてね、うちの子もすっごくびっくりしてたよ~」という話をたま~に聞きます。

J-POPだから尚更友だちには受けるのでしょうね。

息子よ、母はうれしいよnote

 

↓参加しています。ぽちっといただけたら励みになります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年7月14日 (木)

連弾譜は見づらい!

夏休みの終わりのほうで予定している「ファミリー連弾パーティー」notes

3人6手だったり、4人8手だったりといろんな連弾曲を弾くのですが、どうもこの連弾譜が見づらいようでみんな苦労しています。

 

段がかわると自分のパートを見失っちゃうんですよね(^^;) 確かに4~6人のパートが一緒に書かれていると仕方がない・・・というか、私も見失ったりして!

各パートの頭に自分用のマークを入れてみたけど、それでも間違えちゃうsweat01

これはもう、パート毎に色を付けるしかないかな~think  

 

それでも低学年の生徒さんは「楽譜を別にしてほしい~」ということで、個人用のパート譜をFinaleで作ってみました。

でも、これだと譜面台にみんなの分は置けるかな? あとはもう実際にやってみて考えるしかなさそうです。

 

夏休みに入ったら一緒にレッスン、の日が増えます。

みんながんばろうね~happy01

 

ちなみに私も娘と連弾します。その練習がすごく楽しいsign03

息子も交えて3人6手をと思ったら

「僕は自分の好きな曲をメドレーでいろいろソロで弾くから」と言われちゃいました。

 

がっかりです、いつかまた一緒に弾いてくれる日は来るのでしょうかweep

 

夏の暑さに負けずがんばって・・・ます。

↓応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ