« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月20日 (木)

松井少年少女合唱団・地区文化祭出演

私の住む地域の子供たちで結成されている『松井少年少女合唱団』

先日の市民合唱祭の出演から続いて、先週末は地元地区公民館の文化祭の出演noteでした。

地区の公民館では文化活動が盛んで、いろいろなサークル活動が行われています。 公民館使用率は市内トップらしい・・・それってすごいsign01

先週指導者の永澤詩子先生が無事ご出産され、しばらくはお休みなので今回からは宮崎歩先生がご指導くださいます。

 

            まずはリハーサル室での発声練習 「はい、大きな声でup

_17822011828blog_1

 

 

                     リハーサルは入念に

_18122011828blog_3
 

お姉さんペアは先生とも真剣に打ち合わせ。そんなみんなの様子を見ている『将来の団員』の「マスコットガールshine」のMちゃんhappy01

_18052011828blog_2
 

           その後は静かに待機し、さあいよいよ本番です。みんながんばってsign03

_18112011828blog_5

出演者全体の平均年齢は割りと高めなので、こども合唱団のかわいらしさは大いにウケるのです。そしてやっぱりそこに混ざりたいMちゃん・・・(カワイイheart04

 

              終了後は恒例の記念撮影camera おつかれさまでしたconfident

_18342011828blog_6

 

 

そうそう、詩子先生からのご出産報告メールに添付されていたBabyshineの写真です。

111015_114022_11

先生、おめでとうございます。今度いらっしゃる時はお子さん二人連れ、でしょうかhappy02 

団員たちもみんな会えるのを楽しみにしていますよ~happy01

 

↓子供たちの可愛さにポチッとお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年10月19日 (水)

ジェーン・バスティン来日講座

昨日はジェーン・バスティン先生に来日講座に行ってきました。

会場が初めての場所だったため駅から不安な気持ちsweat01で歩いていましたが、途中から同じセミナーに向かうと思われる先生グループを見かけ、後ろからついていきました。 教本が入っていると思しきバッグを持ち、聞こえてくるお話が「テキストが・・・」ときたら、間違いなく同業者のはずですよねwink その後は会場に向かう人の流れもあり、無事到着scissors

バスティンシリーズは私自身は導入時には使用していませんが、導入時のレッスンにおける考え方やポイントが現在自分が使っている導入用教本と同じ点が多いため、ベーシックスやライブラリなどの本を導入後期からレッスンで併用しています。

メインで使っていないという事もあって今まであまりバスティンのセミナーに行った事はなかったので、一度基礎的な内容を学んでおきたいと思い今回申し込みました。

会場では他のセミナーで知り合った先生方、ツイ仲間の先生方ともお会いでき、近所の先生を思いがけずお見かけしたりと、やはりバスティンシリーズに興味をお持ちの先生方が多いのだなとあらためて感じました。

講座では、バスティン先生が通訳の先生をはさんでレッスンにおける基本的な方法・内容・目的を、教本を例に挙げながら解説してくださいました。

また後半では来日中のご自分のお弟子さんを実際にレッスンしながら、さらに具体的に注意すべきポイントを見せてくださいました。

共感するところも多く、自分がレッスンする上で気を付けるべきいくつかの点に気づく事ができたので早速それを今後のレッスンに生かすようにしたいと思いますshine

バスティン先生は鮮やかな赤いジャケットがとてもお似合いの(ライトにあたり、とてもきれいな「赤」でした)、ほわっとした暖かいお人柄、子供に対する優しいまなざしが印象的なすてきな先生でしたconfident

講座終了後は、きゅうでん先生とそのお友達のK先生とランチrestaurantへGO!

3人同じ大学の同じ科の出身でもあったので、学生時代の話などで盛り上がりとても楽しかったですhappy02

 

↓参加しています♪応援いただけると泣いて喜びます(^_-)-☆

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年10月 7日 (金)

MusicKey「導入指導マスター講座」第2弾"テクニック編"

5日は先月に引き続きMusicKey「導入指導マスター講座」の第2弾"テクニック編"の2回目に行ってきました。

今回のテキストは「スーパーフィンガーズ」「新版スケールとアルペジオ」「ハノン第1弾・第2弾」です。

時間に追われて練習時間の確保の難しい生徒さんたち、あるいは「おゆびの練習」なんてつまらなくてやりたくないという生徒さん・・・・・・でも、指が自在に動くようになるためには練習することで慣らしていかないと動くようにはならないのに、と講師としてジレンマを感じることが多いのではないでしょうか。

 

・・・ということでサブタイトルの【即効・短時間・集中力で確実なテクニックをつける指導】はまたまた刺激的なというか、興味をひくフレーズです!

テキストはいずれも10本の指をすべてバランスよく動かすための訓練を、効率的にやることを目的としています。

「スーパーフィンガーズ」は片手ずつ1オクターブの範囲を同じ音型を繰り返して弾くようになっていますが、上行と下行に分かれていていずれも2~5度までの音程をまんべんなく弾けるように、バランスよく組み合わされた課題になっています。

始めは5指のポジションでスタートですが、指を広げて弾く「のび~る」、指をくぐらせる「ぐるりん」にレベルアップしていきます。

いずれも1曲が短く譜読みの負担も少ないので、生徒の様子に合わせて2オクターブにしたり、リズム奏を取り入れたり、タイムを計ってノセてみたり、と自由に使う事ができます。

ハノンのワンフレーズを抜粋したような形になっているので終了後はテクニック本類への移行がスムーズにいく効果がでるのではないでしょうか。

 

続いての「新版スケールとアルペジオ」「ハノン第1弾・第2弾」

・・・・これらの教本(練習)は、とても大切でしっかりやれば絶対にうまくなる!とわかっていても、自分でさえも喜んでやったとは言いにくい・・・まして生徒さんに「はいこれね」と気軽に渡しにくい教本でもあります。

実際にハノンの譜面を見てもとても楽しそうな曲には見えない、むしろ「やだこれ」とすぐに返ってきそうです。

なので、上記の教本はいかにわかりやすく、時間をかけずにマスターさせるかということを考えて作られたそうです。

 

「ハノン第1弾・第2弾」では、従来のように大譜表に2オクターブで音符がびっしり並ぶ・・・・・のではなく、シンプルに1段で、練習のポイントがわかるようにヴァリエーションも含めて曲の初めにコンパクトにまとめて書いてあります。

それを見て、ただ漫然と弾かせるのではなくどういう目的で練習するのか、なぜこの指づかいで弾くのか、何に注意するべきなのか曲ごとの目的をはっきりさせていく形で指導するように、そのポイントを教えていただきました。

 

「新版スケールとアルペジオ」では、すべての調を同じ指づかいで弾くグループ毎に分けてあり、スケールとアルペジオを1オクターブからスタートして段階をふみながら2オクターブまで練習できる内容です。

また黒鍵を弾く指使いのパターンを分解して練習することで、黒鍵への抵抗感を減らす効果もあると思います。

学習する調の順番が従来のハノンのようになっていない点で講師側からみれば抵抗を覚えることがあるかもしれませんが、「弾けるようになる」ことを第一に考えればこの「グループ分け」はとても有効なやり方ではないかと感じました。

 

前回の講座では「GO!フィンガーズ」「五指のテクニック」を使って導入期の基礎テクニックを学ぶ指導法を教えていただきましたが、これを終了した生徒さんであれば今回のテクニック教本類に入る事はさほど難しくないのではと思います。

今回シリーズ第2弾のテクニック編で学んだ教本類は、どれも練習をばりばりやらなくても、レッスン時間内で5分程度で進めていける内容です。

進むペースや量は生徒さんによって違うでしょうが、毎回取り入れて続けていくことで確実に力がつくことが期待できるとあらためて感じました。

練習しない、できない事はいずれは生徒さん自身がつらくなっていき、好きなのにやめていくことにつながっていく場合があります。 

今回受講して、生徒さんが楽しくピアノを続けていく自信がつくように、うまくこれらの教本類を使って指導していきたいと強く思いました。

 

↓「導入指導」は大切!と思われる方、応援お願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2011年10月 4日 (火)

所沢市民合唱祭

_7482011828blogおとといの日曜日は、所沢市民文化センターミューズで「所沢市民合唱祭」が開催されました。

今回は結団時から娘が入団していた「松井少年少女合唱団」が出演するということで、朝から自転車で会場へsign01

 

 

私の住む地区では地元の公民館で毎年12月に「こども音楽祭」が開かれています。

この音楽祭ではどういうジャンルで出演するのも自由なのですが、誰でも出演できる団体を作ろうということで「松井少年少女合唱団」が結団されました。

確かに歌であれば身ひとつあれば参加できますよね・・・いい考え!happy01

娘は初代団員なのですが、卒団した今でも私だけそのまま運営に携わる形で参加させていただいています。coldsweats01

 

会場はミューズのパイプオルガンがある全席2000の大ホールshine、朝から一日がかりでたくさんの合唱団が出演します。

このホールは、「のだめカンタービレ」でのだめがコンクールに出た時の会場として撮影に使われていました。ホール前面両サイドに大きなミューズ像が並んでいるのが目印?

 

 

何しろ出番が早くリハ室に行く時間の余裕もないのでホール入口前の広場で声出し開始! 振付の練習もばっちりだねsign02

_7552011828blog_1

 

開場後はすぐに舞台裏手に行き整列、スタンバイします。

_7642011828blog_1
注意事項やアドバイスを受けながら・・・みんな緊張してる?heart02

 

舞台袖で静かに待ちます。「出番はまだかな~」・・・意外とリラックスしてるみたい?

Dsc00042_1
出演団体に子供の合唱団がいないため、「かわいいわね~」とスタッフの皆さまにほめていただき無事すてきな歌声を披露することができました。

 

終わったあとは裏手のオーケストララウンジでみんなわいわい、おやつを食べながらdeliciousしばし休憩タイムです。 何を食べてるの?

_7682011828blog_1
 

 

みんなリラックスしていい顔してますnote お手伝いの保護者の皆さまもありがとうございました。confident

_7762011828blog_2

 

こちらは指導者の詩子先生です。左は先生の妹さんの由芽子先生で、今回は指揮をやってくださいました。詩子先生は出産を間近に控えられていますのでこの後はしばらくお休みされます。 元気な赤ちゃんのご報告をお待ちしていますねhappy02

_7802011828blog_1

 

          最後はぱちっと記念撮影。 みんなお疲れさまでしたsign03

_7862011828blog_2_5

 

 

先週施設訪問を終えたばかりで今週も朝早くからの出演だったけれどみんな、がんばったね!good

今後も10月は「地区文化祭」、11月は「あかさたな合唱祭」、12月には「こども音楽祭」と行事が続きます。

詩子先生がお休みされている間は代わりの先生がご指導くださいますので、みんな風邪をひかないようにがんばりましょうね。shine

 

合唱団では現在団員を募集中です。これから行事も続きとても楽しいですよ。

見学随時受け付け中ですので、お気軽に私までメールでお問い合わせください。

一緒に歌いませんか?wink

↓楽しそうだね!と思って下さった方はぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ