« ありがとう!ヤマハ所沢店 | トップページ | MusicKey「導入指導マスター講座」第3弾"譜読み編"第2回のその2 »

2012年1月22日 (日)

MusicKey「導入指導マスター講座」第3弾"譜読み編"第2回のその1

大変遅くなってしまいましたが、昨年12月のKAWAI表参道店での岩瀬洋子先生のMusicKey[導入指導マスター講座」、第3弾"譜読み編"の第2回についてまとめてみました。

テーマは「楽しい譜読み指導できていますか?」

使用テキストはこれ!「ソーヨひめとファーデスおうじ」「見よ逆さ読み」の2冊です。

S_24792011828blog

 

 

前回の"譜読み編"第1回の講座"のテキスト「ケンとバン」「ドレミファソランド」「せんかんブラザーズ」で読譜に入る前の土台(基礎)部分をある程度学習してから入ると、よりこの本で効率よく読譜力を学ぶことができます。

実は前回の講座の時に、「ソーヨひめ・・・」はあらかじめ内容を読んで予習しておいてくださいと先生からお願いがありました。

それでは、と本を開いてみると、譜読みへのアプローチの仕方に興味と疑問を覚えました。それだけこの教本は他とは違う・・・先生もそこをおわかりになった上での「お願い」だったそうです。

表紙からもわかる通り、王子様とお姫様が出てくるそれはかわいらしい絵本のような教本です。

実際に、この二人を中心とした「おはなし」に沿ってレッスンが進められるようになっています。

でもピンとくるかと思いますが、「ソーヨ」は「ソ」、「ファーデス」は「ファ」の音を意味しています。

 

ピアノの教則本は本当にたくさんの種類がありますが、よく見られるのは「中央ド」からスタートする形でしょうか。

初めてのピアノレッスンで先生が教えてくれるのがこの「まんなかのド」

ト音記号とヘ音記号の大譜表の真ん中にど~ん!と陣取って、形もUFOのような、帽子をかぶった顔のような・・・かなりインパクトも強く子供はまず100%間違いなく「まんなかのド」はしっかり覚えてくれます。

 

しかしそれ故に、「まんなかのド」症候群にとらわれやすい。

なんの音を見ても、「まんなかのド」から考えてしまう。オクターブ以上離れていたって「まんなかのド」から数えてしまう。考える時間も探す手間もかかるので、ますます譜読みがもたついてしまう・・・。

そこでこの教本では「ド症候群」にとらわれないように、「目印音」を複数覚えさせる事で譜読みをより楽に、スピーディーに覚えさせてしまおう、という内容になっています。

 

毎回の事ながら、ミュージックキーの教本は「右脳を刺激」し印象強く覚えさせる、そして全年齢に対応できるという作りになっています。

みかけは絵本のようなかわいらしいイラストにお話付きで幼児対象になっていますが、曲、ドリルも含まれていて対応を変えれば大人まで十分使用できるテキストです。

中身はステップ1~3に分かれていて、五線譜内の音、中央・高音・低音域の加線の音符、合計37音が、鍵盤の位置としっかりリンクさせながら覚えられるようになっています。

読譜をスムーズにするための目印音は「中央ド」を含め11個。

それらをどれも同じように印象深く覚えることで、五線譜内の他の音がより覚えやすく、あるいは探しやすくなり、譜読みが楽になるのではないでしょうか。

 

私が一番興味をひかれたのは、中央音域のト音記号とヘ音記号の加線の音符の高低の位置関係を、混乱することなく理解できる点です。

大譜表の間が広がり中央音域の加線の音符が並んで出てくると、ト音記号とヘ音記号での見かけの高さと実際の音の高さがうまくつながらず混乱する子は少なからずいます。

この教本の方法で覚えれば、例えば一段譜の中でト音記号とヘ音記号が同居して同じ音を示したとしても、みかけの高低差に惑わされることなくきちんと正しい音の高さと鍵盤の位置を理解して弾く事ができると思いました。

 

 

この本1冊だけで読譜に必要な音はほとんど覚えられてしまう、かなり「濃い」教本です。

この本の効果を十分引き出すためには、事前の基礎部分の学習の大切さはもちろんのこと、平行しながら何をどのように学んでいくか、講師自身がよく吟味し、見極めていきながらレッスンに取り入れていく必要があります。

このセミナーが終わってから私の頭の中は、このテキストをどうやって使おう、ここであの曲集も使えばいいのでは、あれを併用すればいいかも・・・とずっとぐるぐるとあれこれ考えている状態・・・(笑)

導入テキストについて貴重な引き出しがまた自分の中に増えたと思います。

これだからセミナーはやめられない!?

 

長くなってしまったので、「見よ逆さ読み」については次回にまわしますwink

 

↓次を書くパワーをくださ~い(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

« ありがとう!ヤマハ所沢店 | トップページ | MusicKey「導入指導マスター講座」第3弾"譜読み編"第2回のその2 »

ミュージックキー表参道支部の活動」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪ 私もこの本を使っています。
セミナーを受けてから数年経ってしまっているので
ちかこ先生のレポート、じっくり拝読しました。
ある程度、内容が入った子にはP24-25をコピーして、
赤(お姫様の国)と青(王子様の国)の色紙に縦に並べて
五線上の並びを確認した後、
鍵盤の所へ持っていて鍵盤上の並びを確認したりしています。
(↑お分かりいただけるかしら?^^;)

曲やドリルの部分を使いこなせていないのを反省・・・。

さぷりキッズのセミナーも良かったみたいですね。
行きたかったです。

Otsuki先生、コメントありがとうございます♪

すでにこの本を使っていらっしゃるのですね! 使ってみた感触はいかがでしょうか。私は導入は今まで違うシリーズを使用していたのでこれから初めての経験になります(^^;)

シリーズすべてのテキストをうまくリンクさせて使用できるようにがんばります♪
さぷりキッズ、楽しかったです~ 次回は3月のようです(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469421/43307635

この記事へのトラックバック一覧です: MusicKey「導入指導マスター講座」第3弾"譜読み編"第2回のその1:

« ありがとう!ヤマハ所沢店 | トップページ | MusicKey「導入指導マスター講座」第3弾"譜読み編"第2回のその2 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ