« スカイプ活用法? その1:連弾にトライ! | トップページ | 新しいレッスンノートを作りました »

2012年4月19日 (木)

スカイプ活用法 その2:連弾にトライ!Webカメラ購入

前回は、スカイプを使ってともみ先生とピアノ連弾にトライ!(スカイプ活用法? その1:連弾にトライ! )・・・・したものの、音抜けまくり、ずれまくりであえなく終了となり、そのまま長電話に突入して終わりました。

原因は、PC環境の差(私:intelDuo、ともみ先生:intel i5)なのか、私がスカイプ用ヘッドセット(イヤホンとマイクのみ)だったためか・・・bearing

しかし、ここであきらめてはつまらないということでリベンジとして・・・ロジクールのWebカメラを購入しましたshine

私はノートPCなので、クリップタイプのものです。こんな感じ・・・

005

 

Webカメラも今はずいぶん安くなり、1000円程度のものから万単位まであるのですね。
プロ用は1万円以上しますが、いきなりそこから入る勇気もなくcoldsweats01

Logicool Webcam C270mにしました。お値段もかなり(かなり!)お手頃です。

一応フレームレートは30を選びましたが(これより低いと動画画像がカクカクなるらしい)、ピアノ連弾では演奏している時はあまり画像は関係ないかな? 

でもスペックは値段の割にはいいのではないかと思います。さすがロジクールsign01

では再びのトライですshine

まずは、画像のクリアさにびっくり・・・  というか、あちらに届いている私の画像のクリアさですがcoldsweats01

スカイプでは双方の画像が出ているのですが、やはりこちらで受けるともみ先生の画像はあちらに写っている私のものより少し鮮明さに欠けますthink

受け取る側のPCの差なのでしょうか。 不安を感じつつsweat01弾いてみると・・・

出だしはよくても途中から音が抜ける! 私は割と聴こえるのですが、ともみ先生のほうではかなり抜ける、というかもう途中から聴こえないらしいsweat02

しかも、こだまのように遅れてもう一度聴こえてくる。 これは、相手側に出ている音を再度拾ってしまうためのようです。 

これでは「よく聴いて合わせる」のはほぼ無理でしょう。 ただ、双方向が無理でも、片方が弾くのを聴くのにはまあまあいける?かな?

ちなみに今回はヤマハのインターネット越しに遠隔地音楽セッションを行うことができるWindows向けアプリケーション「NETDUETTO β」も試してみました。

PC上に仮想の「セッションルーム」を作り、そこで最大4人で接続して演奏できる・・・すばらしいshine

それではと、早速二人でダウンロードして、セッションルームを訪問して、では・・・・とやってみたのですが・・・ 
これは、スカイプのほうがまだいいような・・・ どうしても音がずれるweep セッションでずれたらそれはもうどうしようもない・・・

PCや無線LANや通信状況などさまざまな環境の違いで不安定さは出るらしいし、何しろまだβ版だから仕方がないのでしょうか。
う~~~ん、残念すぎるcrying

ところで、Webカメラはやっぱり便利ですねgood 

フリーな状態で話せるから「ながら」通話ができるところがいいsign01  とてもお手頃価格のカメラなのに画質、音質、通話には全く問題ないです。

もちろん、接続したままでの「見守り」もしてくれます。

よく留守中のペットの様子を見る、防犯対策、離れて住む両親の様子を見るとかありますよね。 以前、一人暮らししている子供とPC画面を通して一緒に夕飯を食べる、なんてCMありませんでしたっけ? まさしくあんな感じhappy01

ただ問題は、あまりにクリアな画像だったのでノーメイク、もろ部屋着ではちょっと無理sign02 その場合は画像offにしておきましょ~wink

ちなみに、しつこくもまだあきらめていません。 ・・・実は、PCが1台壊れたために新しいノートPCを買いました。 当然それは私のものsign01 今度はintel i5 ですsign01(ほんとはi7にしたかったけど)

これで再度チャレンジですsign03 そして有線でもやってみたいsign01 

そこまでやるなら会えばすむ話ですがcoldsweats01、でも出来たら楽しいし、お仕事上助かることも多いですよね~  めげずにチャレンジチャレンジ・・・・ ね、ともみ先生heart04

 

↓このチャレンジ、あたたか~い目で見ていただけるとうれしいですcoldsweats01

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

« スカイプ活用法? その1:連弾にトライ! | トップページ | 新しいレッスンノートを作りました »

コメント

おおぉぉ~sign01
スカイプ連弾に挑戦されたのですねnote
連弾のみならず、歌や他の楽器との合わせもできそうで
便利な時代になりましたね~。
私はまだ、遠巻きに見ている状態です(笑)

わ~空美先生、コメントありがとうございますheart

もう、四苦八苦というかもはや意地というかcoldsweats01 でもでも、なんとかやってみたくないですか? そうしたらみんなでアンサンブル大会だ~notes

空美先生もいざsign01

なるほど~。スカイプはずっと導入をいまいちためらっていたのですが(理由は、ちかこ先生と同じです)
これはオモシロそう…というか、スカイプが使えれば、「レッスンに来られないから」やめた生徒さんのレッスンを出来るんじゃないかな、って思います。
あと、連弾の練習も出来るかも・・・・ただうちはデスクトップPCなんで、自分もちのノートPCを持って教室のピアノの近くに持っていかないと、っていう懸案もありますが(汗

ことなりままっち先生、コメントありがとうございます(^^)
予備校などでWeb授業が当たり前にある時代だから、ネットでデュオは今後は可能になりそうですよね。

連弾はちときびしかったけど、生徒が弾くのを聴いてあげるのは割といけそうに思います。 β版じゃなく、正規のソフトが楽しみですよね~
ではそのために、ノートPCを・・・(笑) iPadでもいけるかな?

skypeで連弾♪
ネットでskypeでのデュオとか2重奏とかをうまくやっている人はいないかと探していてたどり着きました。やはり、むつかしいんですね。同時でなくって、教えたり教わったりは使えそうですが…ヤマハの「ネットデュエット」の情報は知らなかった。これは感謝です。試してみよう。また、挑戦されたら教えてくださいね。ちなみに、今私はギタレレをスカイプで習っていて、片方では友人と遠距離デュオ、パンフルートでやっています。まもなく発表会です(゚ー゚;

sumi先生、コメントありがとうございます!
このようなへんぴなブログへようこそ(笑)

そうなんです、スカイプではやはりせめて「有線」にしないと難しいみたいです。それだって「ぴったり合う」のは無理かなーという感じがします。 ちょっと詳しい方に聞いた情報ですが。。。

ヤマハのソフトはベータ版なのできっとそのうち「新製品」が出るのではないでしょうか。(^^) あると絶対便利ですよね♪

パンフルート、ステキですね! なんだか「風」を感じます。
発表会、ご盛会をお祈りしています♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469421/44939780

この記事へのトラックバック一覧です: スカイプ活用法 その2:連弾にトライ!Webカメラ購入:

« スカイプ活用法? その1:連弾にトライ! | トップページ | 新しいレッスンノートを作りました »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ