« 中学生のレッスン時間割はどうしますか | トップページ | 青島広志先生のセミナー »

2012年5月17日 (木)

幼児期の聴覚はすごい!

4月から年中さんになったSちゃんのレッスンでは、拍子感を養うため手拍子や手合わせをしながら一緒に歌を歌っていますnote

どうせ歌うならやはり日本の童謡や唱歌を覚えてほしいなというのもあり、先週からミュージックキーの講座で学んだ英語ですぐに歌える「日本の童謡」を取り入れてみました。 

 

S_26322011828blog
右のピンクの本がそうですが、収録されている曲は「ぞうさん」「海」「めだかの学校」などよく知られた歌ばかりです。 Sちゃんもほぼ全部の歌を知っていましたshine

1曲ずつ日本語の歌詞、英語の歌詞、と順に入ったCDがセットになっていて、その中から一番簡単そうでノリのよい「おつかいありさん」を選びました。

まずは日本語で2回ぐらい手拍子しながら一緒に歌います。次は英語の歌詞を1回聴いて、CDに合わせて歌いました。(バイリンガルでない私はCDの邪魔をしないようにほとんど口パクでcoldsweats01) この時は聴くことに集中できるように手拍子はやりませんでした。

 

1番だけなので続けて3回歌ったのですが、その時点でかなり正確に発音が真似できているのでびっくりsign01

そして今日は2回目なのにほぼ正確に歌えている~sign02

「えっ?えっ? おうちで練習した?」

「してないよ~」

「だよね・・・・」

思わず「すごい!」シールをノートに貼りhappy01、お迎えにいらしたお母さまにもその様子をお話ししたら・・・

「歌ってあげようか?」

はい、もちろん歌ってもらいましたnotes そしてお母さまと二人で拍手、ブラボーupupup

本当にすなおに聴いた音のままに歌っているからきれいな発音でした。 

歌えるかな?と思っていた自分を反省、これからも他の曲もどんどん歌いたいと思います。 

 

さ、皆さまご一緒にwink

Mister Ant (おつかいありさん)

Too fast, too fast, bump, bump. bump.

Mister Ant, Mister Ant, bump, bump, bump. ・・・・

リズムにのれて、歌っていてもすごく楽しいですhappy01

 

↓応援よろしくお願いしますheart02

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

« 中学生のレッスン時間割はどうしますか | トップページ | 青島広志先生のセミナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469421/45287677

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児期の聴覚はすごい!:

« 中学生のレッスン時間割はどうしますか | トップページ | 青島広志先生のセミナー »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ