« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

「小山実稚恵」ピアノコンサート

杉並公会堂で開かれたピアニスト・小山実稚恵さんのコンサートを聴きに行ってきました。

プログラムはバッハの「半音階的幻想曲とフーガニ短調」、とシューベルトの「即興曲」作品90と142、ラストはバッハ/ブゾーニ編曲の「シャコンヌニ短調」

昔から好きなピアニストの一人である小山実稚恵さん、音楽に真摯に向き合う姿勢と、派手なわけではないけれどあたたかみのある安定した美しい響きにあこがれます。

どの曲も音のバランスが絶妙で、響くメロディー、支える他の声部の安定感、前面に出るわけでもないのにせまってくるようなバスの存在感、ダイナミクスレンジの幅広さ・・・・・ため息ばかり

即興曲作品90の3番のアルペジオのレガートの美しさ まったくぶれない、ただただなめらかなメロディーの流れ、もはや夢見心地 

圧巻だったのは、最後のシャコンヌ。

出だしの一拍目で一気に心臓わしづかみ。 鳥肌と涙が同時でした。

今までのあたたかくも美しい響きからあっというまに、荘厳な音の世界へと連れて行かれました。

次々と構築され広がっていく音の響きとその重なりと深みに息をひそめてただただ聴き惚れるばかり。

咳対策のためにタオルハンカチをにぎりしめていてよかった! でも涙はいいけど、鼻水は余計ですね(なんでいっしょに出るんでしょうねー)

アンコールはバッハの平均律1番の「プレリュード」とシューベルトの「楽興の時」

あんなプレリュードは初めてかも! ずっと一本の線でつながるかのような絶え間ない響きが折り重なるようにしてホールいっぱいにあふれていく・・・

シューベルトも、同じ曲を弾いた小学生の頃の自分に聴かせてやりたい・・・・こういう曲なのよってね

さて帰宅してからのお約束、同じ曲を自分も弾いてみる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・道は険しい・・・でもだからこそやめられないってことなのです。

一生練習、一生勉強ってね!

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

 

2013年2月15日 (金)

ミュージックキー研究会 表参道支部の発足について

こちらで以前紹介した新年度4月から発足するミュージックキー研究会表参道支部ですが、その活動概要が決まりつつあります。

まずは顔合わせなども兼ねて426日(金)AM10:30~に発足会と初回ミーティングを行う予定です。

すでに2年間を通じて開かれたKAWAI表参道のマスター・ディプロマセミナーの受講者の中から30名近くの入会申し込みがありましたが、この研究会に入るにあたって特に条件はありません。

「ミュージックキー導入指導法」に興味がある方ならばどなたでもOKです。

 

新年度は再び「導入指導マスター講座」が、シリーズ2回目として5月から来年3月にかけて8回にわたり開かれます。 

そのプレ講座として来月37()に岩瀬洋子先生によるセミナーが開催されます。ここで概要を学ぶことができますし、マスター講座を受けながら研究会にも所属して学ぶという方法もあるかと思います。

 

この会ではカワイ表参道からもご協力いただき、皆が楽しんでミュージックキー指導法について学び、そして支部の活動を通じて得たものを生徒のレッスンに生かしながらより良い指導を行うことを目標としています。

軌道にのるためのこの一年が一番大変かもしれませんが、やる気にあふれた先生方ばかりなので皆で協力しあっていい支部ができるであろうと今からとても楽しみです。

 

すでに表参道支部へ入会申し込みされている方にはこれから順次案内を送付していきます。もう少しお待ちください。

もし興味があるという方がいらっしゃいましたらメール、コメントからお問い合わせください♪

 

応援のひと押しをぜひお願いしますheart02

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ