« 2014年4月 | トップページ | 2015年5月 »

2014年11月

2014年11月24日 (月)

ピアノの公開レッスン

半年前の話、5月に母校で行われたアンヌ・ケフェレック教授の公開レッスンを聴講してきた。

公開レッスンを聴講するときは自分のイメージした表現をするため、美しい響きの音を出すためのテクニック、その伝え方に一番注目している。
この日のレッスンの内容はというと・・・・
自分の求める音で表現するために、打鍵の際の力の入れ具合、打鍵の方向、離鍵のタイミング、腕、肩、手首など体全体の使い方・・・徹底してテクニックを追求していた。
音色に関しても、管楽器の響きや弦楽器のボーイングに例えながら、私はこう感じる、こういう音色を出す、そのためにはこういうテクニックを使った弾き方をする、と具体的でわかりやすい。
今までも何度か公開レッスン(先生、生徒ともに日本人)を聴いたことはあるけれど、ドイツ人のピアニストが小学生が弾くモーツァルトソナタのレッスンを聴講したとき、てっきりよく見るイメージ的なアドバイス(もっとキラキラした音で、みたいな)満載のレッスンかと思ったら、徹底的にテクニックを直す内容で意外に思ったことがある。
今回もそれと同じ。
アドバイスを受けるたびに学生の音が変わっていくのがわかり、これは学生自身もうれしいだろうなと思ったりして。
私が今の師匠に受けているレッスンもまさしく同じで、美しい発音、曲想にあった表現をするためのテクニックを学んでいる。学ぶことは未だに山のようにある。
そしてそれを自分の生徒にも同じように教えることができるのが、すごくうれしいし楽しいと思うのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

2014年11月23日 (日)

今年の発表会

11月始めの連休に当教室の発表会が無事終了いたしました。

いつもは友人の教室との合同開催でしたが今回は単独主催のため、準備から当日の進行までをすべて一人でこなすことになりどうなることかと思いましたが、保護者の皆様のお手伝いや励ましのおかげで滞りなく進めることができました。
プログラムのラストは自分のソロ演奏でしたが、アナウンスをしながらの直前の着替えもあり慌ただしいことこの上なかったです。
ホールスタッフの方に「先生、大変ですね・・・」と気遣っていただいたりもして・・・(笑)
今回の自分の演奏では我が師匠から「うまく弾いてみせよう、いいところを見せようではなく、自分の好きなこの音楽を伝える気持ちで弾くように」とアドバイスがあり、おかげで思った程には緊張しないですみました。
生徒たちの心に何か少しでも残せたものがあれば、うれしいです。

Dscn6170_2

最後に大きな花束を生徒の皆さんからいただいてびっくり・・・それはもううれしかったです! 
後日かわいい絵までもらって、うれしさ倍増でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

« 2014年4月 | トップページ | 2015年5月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ